「SIMカードが入っていない」の表示が消えないときに

エラーが消えない?最終手段までバッチリ解説!

データ通信が使えない!

「SIMカードが挿入されていません」というエラーが出た時、まずは「機内モード」からの解除、「再起動」を試してみましょう。どちらも不具合の際に最初に用いられることが多い手段です。それがダメなら次はSIMカードを取り出して抜き差し!詳しいやり方を解説します。

おすすめリンク

市松人形修理の流れ

壊れたお人形をいきなりお店に持ち込むのはNG?市松人形修理の流れを詳しくお伝えします。

ますはこれを試してみる

日常生活でスマートフォンで調べものをしようとした時、またはSNSをチェックしようとした時、はたまた大事なメールを送ろうとした時。読み込みが遅いなと思っていたら、「あれ?ネットに繋がってない!」と気付き、圏外なのかと確認すると…そこにはなんと「SIMカードが挿入されていません」のメッセージが!確かにSIMカードは入れているはずなのに、昨日までちゃんとデータ通信ができていたはずなのに、アンテナのところにはバッテンのマークがついたまま、インターネットには繋がらない…今このサイトを見てくださっている方は、今まさにそんな事態に陥ってしまった、または陥ったことがある方なのではないでしょうか。実は同じ状態になってしまう人は少なくないんです。その証拠にネット上では解決方法を求める人たちがたくさんのスレッドに投稿し、それに対する回答も数多く載っています。
SIMカードが認識できなくなってしまう原因は大きく分けて「SIMカード」が原因の場合と「スマートフォン本体」が原因の場合があります。それぞれの詳しい原因については後々項で書きますが、もう一つのスマートフォン、またはSIMカードがある場合、カードと本体どちらに原因があるか簡単に調べることができます。やり方は非常に簡単で、もう一枚のSIMカードをエラーが出ている本体に挿入するだけ!これでエラーが治まれば「SIMカード」が原因、逆なら「スマートフォン本体」が原因の可能性が高いと言えます。

それでも直らない時は?

「機内モード」からの解除と「再起動」、そして「SIMカードの差し直し」の全てを行っても効果がない場合、SIMカードか本体(主にスロット)に何か問題がある可能性が非常に高いと言えます。原因がどこにあるのかを探るチェック項目を挙げていきましょう。

最終手段とまとめ

これまでのいずれの方法も効果がなかった場合、残念ながらそのスマートフォンまたはSIMカードは故障してしまっている可能性が高いです。が、自力でできる解決方法の最終手段として、端末の「初期化」について解説していきたいと思います。最後にはまとめもありますので、よろしければ最後までお付き合いください